2015年7月31日金曜日

5年後の私…!? ~産後のボディケア&フィットネス学芸大学教室7月コース修了!

産後のボディケア&フィットネス学芸大学教室7月コースが修了しました!
残念ながらお休み3人で寂しかったけれど、振替でKちゃんも来てくれて、ご近所つながりができたのは何より☆

4週目は、骨盤呼吸法と骨格調整のおさらいから。
お休みされたKさんからも、呼吸法やっていたら毎晩眠りやすい、とのメッセージいただきました☆
ほんと、これ気持ちいいです!!

そして、ボールエクササイズはさすが!の4週目。抱っこしながらの安定感、肩に無駄に力を入れずに体幹部で支える感じ、タイミングを揃えられるコントロール力、、
ついつい見入っちゃったり、写真も撮ったのだけれど、動きながらだし、私の力ではこの素晴らしさを伝えきれないのが残念すぎる^^;

毎月思うわけですが、4週での変化はとても大きいです。赤ちゃんもずいぶん大きくなるし、できることがどんどん変化してくる。それに対応できる体力・筋力・気力も必要です。
子どもの成長はあたりまえに見ているけれど、大人だって成長する!!してます。
これで終わりじゃなく、体にむきあい体を動かす心地よさに気づいたからこそ、これからもいろんな形でカラダづくりしていきたい☆

後半のワークでは、いつものテーマに加えて、「5年後の私」もプラスして。
この子たちも5歳になっているし、自分も5つ歳を重ねている。ちょっと想像つかない!けれど、あえてちょっと遠くも見てみる。


「5年後」に思いを馳せてみて、、

結構自分で「こうでしょ」と決めつけていたことに気づいた、という声や

やりたいことがたくさん出てきた!でも考えてみたら、今でもできる。目いっぱいじゃなくても、ちょっとずつでもできるんだ、って気づいた!、、という声がありました。



私、たくさんの女性に出会ってきているわけですが、本当にみんな「真面目!」です。
周りの期待に応えよう!ととても頑張ってます。無意識のうちにやっていることも。
だから、いっぽうで「自分は○○せねば…」と限定しているとか、思い込んでいるところもあるのかもしれない。

目の前に小さな命がある日々。

その命を守る緊張感やプレッシャー、不安と背中合わせの中でも、いや、だからこそ、
自分にも目を向け、ケアできることを身につけて、自分の体も心も大切にする。
…それができたら、肩にのしかかった重みも減っていくんじゃないかな。

新たな気づきをえた皆さんは、晴れやかな表情だったり、さらに追求したい気持ちになってたり。
それぞれに、それぞれの一歩を踏み出しているんだな、とおもいます。

そんなひと時を伴走させてもらったことが嬉しいです。




こちらは先週。全員揃っての記念写真☆いい笑顔ですね~~!!


●産後のボディケア&フィットネス教室@学芸大学
8月・9月コース受付中!
8月5,19,26,9月2日(水)10-1200 残席3
9月9,16,24(木),30日(水)10-1200
▼詳細・お申し込みはこちらから
http://yokotakahashi.strikingly.com/



2015年7月28日火曜日

「母となって働く」~マドレ事務局長ちいさんの場合

マドレボニータのみんなが愛する事務局長“ちいさん”こと、北澤ちさとさんはアメリカ在住です。
夏休みの期間だけ帰国しているのですが、この貴重な夏休み帰国もあっという間に時が過ぎ、、最後のミーティング&コワークしてお別れしました。
その別れの挨拶が「じゃ、また来年!」って、、(笑)


そんな、ちいさんの「母となって働く」ストーリーが、「ハナジョブ」でのマドレの連載第2・3回に紹介されています。
第2回(前編)はこちら↓
 ハナジョブ連載「母となって働く」第2回
http://hanajob.jp/2015/07/15/madrebonita-02/

第3回(後編)はこちら↓
 ハナジョブ マドレ連載「母となって働く」


日本とアメリカ、距離はとっても離れているけれど、いつも文字でやりとりしたり、スカイプで話しているから、遠くにいる気が全然しません。こんな風に距離に関係なく、いつも気持ちは近くにいる、そんな働き方を、自らつくってきたんですよね。

「ないなら、つくる」…マドレ自体がそもそもそこからのスタート。
こんな働き方、生き方もあるんだなぁって、たくさんの学生さんたちに読んでもらえたら嬉しいです。

あ、中学生の娘にも読んでもらおう。(灯台元暗しだった~)

●産後のボディケア&フィットネス教室@学芸大学
8月・9月コース受付中!
8月5,19,26,9月2日(水)10-1200 残席3
9月9,16,24(木),30日(水)10-1200
▼詳細・お申し込みはこちらから
http://yokotakahashi.strikingly.com/

2015年7月27日月曜日

ちまきちゃん、養成コース実技試験合格おめでとうー!!


マドレボニータの産後セルフケアインストラクター養成コー第9期生、
ちまきちゃん」こと佐橋真希さん(三重県四日市市在住)が、実技試験に合格ーーー!!(涙)
みんなで喜びのポーズ☆

無邪気な笑顔に見えますが、ここまでくるのに、ちまきちゃんも山あり谷あり…だからこそみんな本当に嬉しい嬉しいときでした!!養成コースチームのみなさんも(前列&今日はいなかったけどウッチー@新潟も!)ホントにホントにまずはお疲れ様でした☆


合格発表を聞くちまきちゃん、ドキドキ…

「合格です!」 ・・・・やっと表情がほころんだ~☆

・・・・わーーん(泣)

わーーーーん(涙) みんなで囲む!!

わーーーーーーーん(涙) さらに囲む!!


・・・からの、この弾ける笑顔~~!!!でした!!!


ああ、本当に嬉しいです。ちまきちゃんおめでとう!!!

これから3ヶ月間の実地研修をへて、秋には正式に「認定インストラクター」としてデビューすべく、まだまだ研修は続きます。
体験会は9月から始まるそうなので、三重の皆さん、ぜひいらしてね☆


…お祝いだ~っ!とビールをプシューっとしたかったけれど、
私は終日クーラーで冷えて…(--;) おあずけしました。残念;


いやぁ、、、クーラーで冷えてませんか!?!?
こういう時は体を動かすのが一番!!!

産後クラス8月コース・9月コース受付中ですー(^o^)/

●産後のボディケア&フィットネス教室@学芸大学
8月・9月コース受付中!
8月5,19,26,9月2日(水)10-1200
9月9,16,24(木),30日(水)10-1200
▼詳細・お申し込みはこちらから
http://yokotakahashi.strikingly.com/








2015年7月25日土曜日

バスでも行ける!マドレ学芸大学教室


フェイスブックに書いたのですが、ブログにもあげておきまーす。
「バスでも行ける!学芸大学教室」

最寄り駅は東急東横線の学芸大学駅ですが、「ウチからは乗り換えが大変で;」という沿線外にお住まいのかたも、バスだと意外と近いかも!? 五反田からも25分!乗り換えなし☆
私も電車だと2回乗り換えるところ…バスなら乗り換えなしで10分!(晴れているときは自転車通勤ですが)

スタジオ近くを通るバス路線は主に3つあります。
以下のURLは各路線の「バスナビ」です。最寄り停留所をクリックすると、行き先までの時間やバスの現在地・あと何分で来るか?もわかります。便利ですよねー!重宝しております。

【反11】五反田⇔世田谷区民会館 バス停「学芸大学駅」より徒歩2分
http://tokyu.bus-location.jp/blsys/navi?VID=rtl&EID=nt&PRM&RAMK=123&SCT=1
五反田から中原街道~26号線沿い、世田谷区の環七~世田谷通り沿いの方に便利☆

●【恵32】恵比寿駅⇔用賀駅 バス停「五本木」より徒歩2分
http://tokyu.bus-location.jp/blsys/navi?VID=rtl&EID=nt&PRM&RAMK=116&SCT=1
駒沢通りまっすぐ~用賀まで。深沢にお住まいの方には便利デス!

●【黒01】目黒駅前⇔大岡山小学校前
 http://tokyu.bus-location.jp/blsys/navi?VID=rtl&EID=nt&PRM&RAMK=117&SCT=1
 【黒02】目黒駅前⇔二子玉川駅
 http://tokyu.bus-location.jp/blsys/navi?VID=rtl&EID=nt&PRM&RAMK=118&SCT=1
 【黒07】目黒駅前⇔鶴巻営業所
 http://tokyu.bus-location.jp/blsys/navi?VID=rtl&EID=nt&PRM&RAMK=120&SCT=1
 【東98】東京駅前⇔等々力操車場
 http://tokyu.bus-location.jp/blsys/navi?VID=rtl&EID=nt&PRM&RAMK=21&SCT=1
 いずれもバス停「目黒郵便局」より徒歩8分
 目黒~目黒通り通って、目黒郵便局までは同じです。

ところで、先日、1歳くらいの双子を連れた女性が優先席に座っていたのですが、ベビーカーに座っていた1人の子が、女性の隣に座っているおじいちゃんの膝のうえに足を乗っけてきて、、女性が「す、すみません!」と恐縮していたのですが、おじいちゃんは「いいよいいよ、元気だね~」とニコニコしながら、いろいろとお話をしていらっしゃいました。
こちらまで、なんだかほんわり気分。
こどもがつなぐつかの間のご縁。
私も子どもを連れているときに声かけられて、一人でいたらこんなことなかったよなぁと思うことが多々ありました。ヤクルトとかバナナとかくれるおばあちゃんもいたなぁ(笑)ビックリしたけれど、「この子になにかしてあげたい」っていう気持ちは嬉しいし、純粋になんだかすごいことだなぁと思います。

●産後のボディケア&フィットネス教室@学芸大学
8月・9月コース受付中!
8月5,19,26,9月2日(水)10-1200
9月9,16,24(木),30日(水)10-1200
▼詳細・お申し込みはこちらから
http://yokotakahashi.strikingly.com/


2015年7月23日木曜日

仲間の力を借りてむきあっていく~学芸大学・産後クラス7月コース3週目

都立小山台高校の野球班(←なぜか部ではなく班といいます)、準決勝で帝京高校に負けちゃいましたー。残念。連日暑いなかよく頑張りましたね。ちょうど娘が図書館で借りてきた「もしドラ」を読んでいたので、情景が重なっちゃったけれど、こちらはベスト8。でも都立でよくやったのでは。3年生はこれで引退。あと残るはラグビーとサッカー、ブラスだそうです。そんなアツい青春を横目に、息子はまだ連日受験勉強続けております。朝からガンガン大声で歌いながら、、、とほほ


さて、学芸大学産後クラスは3週目。
同じ時間でもサクサク進んで運動量はかなり増えてますが、みんな動けてる。前半2週とはずいぶん違います。周りと合わせる余裕…はまだなさそうだけど(笑)、合わせられてるし息もあってます!来週はもう少し余裕が出るかも~☆
赤ちゃんにじっと見守られて☆ (一人腹筋は実はキツイ、、)

後半のワーク。それぞれに真摯に言葉を紡ぐ姿が美しい。まだまだもやんとしていること、整理がつかないことはたくさんあって、不安も迷いも生まれてくるけれど、とにかくそんなまだ答えのない、名前のないおもいを、ただただ言葉にしていく、聞いてもらう時間。
こうして「ただ聞いてもらう」って、意外とできなかったりします。実は貴重な時。



母たちの真摯な姿を、赤ちゃんたちもじっと見たり、聞いたり、感じています。




テーマとしてあげている「人生」「仕事」「パートナーシップ」。いずれも出産を機に大きく変化しますよね。

今回もパートナーシップについて「身近な人だからこその難しさ」の話題がでてきましたが、出産を機に心身環境がものすごく変化する女性と、変化の小さい男性との間には、大きな違いが生まれてくる。それを「すりあわせたい」のだけれど、そこがなかなかうまくいかなかったりする。。。
即効性のありそうな対策に飛びついてしまいたくなる!のだけれど、、
やっぱりそれも、「自分はどうありたいのか?」「二人の関係性をどうしたいのか?」があってこそ生きてくるんですね。

「どうありたい」って明確に自覚してなかったりするかもしれないけれど、「なんでこんなに何とかしたいのかな?」「なんでこんなにうまくいかなくてイラッとするんだろ?」というもやもやした気持ちをじっくり見つめていくと、その根っこには「願い」があるんだよね。 

その願いどおりにいかない現実に向きあっていくのは、なかなか大変なこと。
だからまずは体力つけていくわけです。そして、なかなか言葉にならない思いをここでなんとかかんとか言葉にしながら、自分が本当はどうありたいのか?自分で掘り下げていく。

それを一人でやるのは大変だけれど、こうしてみんながいるから、相手がいるからできる。相手の力を借りて、いや、借りるだけでなくお互いに貸し借りしあって(あんまりそんな自覚ないけれど^^)、向きあっていくことができる。



最後はセルフケア。
3週目は、骨盤呼吸法と骨格調整です。これやると背中がとても楽になって気持ちよくストンと眠れます。…実は先日の集中講座の時、これやりながらたぶん30秒くらい寝てました(笑)


来週来られない方がいるので、一足早くみんなで記念撮影☆みんなステキ!



出産したら体と心のリハビリを!
産後のボディケア&フィットネス学芸大学教室 《受付中!》
詳細・お申し込みはこちら
水曜日10:00~12:00(120分×全4回・予約制)
・8月コース:8月5,19,26,9月2日(水)
・9月コース:9月9,16,24(木),30日(水)

もっと体を動かしたい方・定期的にメンテナンスしたい方に

マドレ城南チャリティエクササイズ講座 《受付中!》
詳細・お申し込みはこちら
・ボールエクササイズ講座10:00~
・ウォーキング講座11:00~


2015年7月20日月曜日

志を同じくするさまざまな立場の仲間とともに~「集中講座2DAYS」にて

三連休の二日目・三日目は、たっぷり学びの2日間!
マドレボニータの「産後プログラム指導法集中講座2DAYS」へ。


この講座は、マドレボニータの産後ケアプログラムを一つ一つ紐解きながら、産後女性の体の状態、心の状態、社会的な状態など様々な視点から掘り下げていくもの。
マドレのインストラクターや志望者だけでなく、さまざまな職業や状況の方が参加してくださっています。

みんな少しずつ立ち位置は違うけれども、「産後ケアが必要!」というところでつながっている。
いろんな角度から、いろんな場で、産後を支える人がいたら、それこそ網目のようになっていったら、、、一人ひとりでは支えきれないものも、いろんな力があればきっとできるはず。
そのためにも、同じ志を持つ仲間たちとつながりあって、学びあって、高めあっていきたい☆…

学びを深め、ブラッシュアップするにととまらず、いろんな思いをかきたてられた、湧きあがらせることができた2日間でした!!


今回は、なんと学大クラスOGも参加されていてムネアツ☆ 
受け取るだけでなく、担い手になっていく。そういう「循環」によって産後ケアがある社会を作っていくって、すごいこと。
「私たちは、ただエサを待っているひな鳥じゃない」(byよねちゃん*マドレ正会員)という名言が脳裏に浮かびます。

まずは「身体スキル」から。マドレのインストラクターを目指しているわけではなくても、指導する立場に必要な身体スキルとはどういうものか?を実践して学ぶ。思っていること・知っていることと、実際にできることをカラダで実感。
メイクはバッチリしていても、意外と無防備になりがちな「表情」。だからこそトレーニングの際に一緒に顔もトレーニング^^
やっぱりいい笑顔の人を見ていると、見ているだけでこちらも笑顔になってしまう☆
みっちり体に向きあってから、やっとグループごとに自己紹介。お互いの思いがちょこっとずつ垣間見れて嬉しい!
マドレボニータの産後プログラムは、縦糸と横糸で構成されています。ひとつひとつに意図がある。
それをひとつひとつ実践しながら考察。
産後の運動生理学。有酸素運動の効果のメカニズムに、ランナーでもある学大クラスOGでもあるちほさんは、「もっと聞きたい!!」と。


★おまけ★
来週に実技試験をひかえた、養成コース9期生のちまきちゃん。
三重県から最後のブラッシュアップのために上京し、寸暇を惜しんで先輩インストラクターに教えを乞う、涙ぐましい姿っ。がんばれーちまきちゃん!!

ウォーキングをチェックする、ちまきちゃんとたけし(女性です)

2015年7月18日土曜日

マドレボニータ理事会でしたっ


三連休初日、「今日から夏休み!」な息子(高3)はなんと6時に自分で起き出して(いつも8時近くにたたき起こしてたのに)、外の空気を吸って、自分で朝ごはんを作ってかっ込み、予定通り7時から時間割(自分でつくった)通りに、、勉強を始めました!! この人なぜか「塾には絶対行かない!」と断言してまして(==;)今まで行ったことがないのです。。高校受験の時もそうだったんだけれども、とにかくもう自分で思った通りにやりたいそうで、人のいうことは聞きゃしない!…というわけで、好きにせい!としていますが…(って、学校の成績がよければそれでもいいんですけどね!…下から何番な世界なんですけどね、、、まぁこうなったら親は見守るしかないですかね。。。)


さて、私の三連休初日は、重要なMTG「理事会」でした!
今回は外部アドバイザーの皆さんに来ていただいて、中期計画の事業計画についてを見ていただくというもの。このために毎週、各事業部チーフとMTGを重ねてきました。

…と、その前に、外部アドバイザーのおひとり、NPOカタリバの事務局長&SVP東京の代表でもある岡本さんに、財務に関するご相談を。

全体像をつかめていないんだなぁ;と反省しきり。。そして、魔法のような策があるわけじゃないこと、地道な取り組みを積み上げていくことなのだな、と再確認。
写真:吉岡マコ代表
それは、全員そろってからの議論の中でも同じことを実感。。
「そもそも」と「全体」をしっかり押さえて、地道に積み重ねていく。
今、いろんな取り組みが複雑に広がっていて、うっかりするとそういう枝葉にとらわれてしまうのですが、シンプルにとらえていくことが必要なのだなぁ、と皆さんのお声から改めて気づけました。

皆で記念写真☆(写真:事務局長ちいさん)
この後、念願の!ビールをばいただきましたです!
この会場は表参道のCommune246にあるんですが、、いっつも外のスペースでは美味しそうなお店が立ち並び、昼間っからビールをおいしそうに飲んでいる人がたくさんいるのです~。今回はちょっと曇っていたけれど、束の間ながらやっとひと息つけて念願叶いましたっ☆(今度はからっと青空の昼間っからやりたい~^^)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出産したら体と心のリハビリを
産後のボディケア&フィットネス学芸大学教室 
《受付中!》詳細・お申し込みはこちら


 水曜日10:00~12:00(120分×全4回・予約制)
・8月コース:8月5,19,26,9月2日(水)・9月コース:9月9,16,24(木),30日(水)

2015年7月15日水曜日

みんなの言葉から一人シェアリング…「どうありたい!?」~産後のボディケア&フィットネス学芸大学教室7月2週目

夏本番!な今週。梅雨ってあけたんですか? …とおもって気象庁のページを見たら、まだ梅雨明け日は空欄になってました。関東甲信は平年では7月21日なんですって。もうすぐ! …と、その前に台風通過のようですが、、どうか被害が出ませんように。

…というわけで朝からジリジリ暑い今週。7月コースの2週目です!
みなさん日差しにも負けずいらしてくださって嬉しい☆よかったー

鎌倉から来てくださっている、岡田令子インストラクター(現在産後1か月)によると、「都内の日差しはやっぱり穏やか!鎌倉は日差しが “痛い”から!!」…だそうです。ハイ、確かに産後なのにい~い色に焼けてました(笑)

いい色といえば、スタジオオーナー(お隣の整体院まおんの先生でカポエイラ道場主の渡部さん)がカポエイラ修行?の旅から帰国されたのですが、いい色に焼けてますます精悍になっておられましたー☆とっても優しいいい方なので、整体いきたい方、カポエイラしたい方、ぜひ☆

…と余談ばかりになりましたが、そうです。7月コースは2週目です!
「筋肉痛きた!」「なかったっ」なんて声や、
先週がはじめての赤ちゃん連れでの電車で、はじめての赤ちゃん連れでの外食だった。来る前は不安だったけれど、自信がついた☆」という声も。い~い笑顔で話してくださってほんと嬉しい。

出産前まで何も考えずに乗れていた電車に、赤ちゃんがいるというだけで「乗るのが不安」になるわけですから!!いや、ほんとに、大きな世界の変革ですよね!!
身心のリハビリだけでなく、社会とのかかわり方のリハビリ、、いや、再構築か。

そんなスゴイことするわけですから、体が弱っていたら、、そりゃできませんよね。
前半のエクササイズでは、先週のバラッバラ具合(笑)から大きく変化が。みんなで動きが揃うし(みんな自分しか見ていないけれどw)、効かせたい動きができてきているし。赤ちゃんの呼び声にもしっかり応えながら☆
全身じっくりたっぷり動かしたからこその、このリラックスの心地よさ!

 後半はシェアリングのワーク。
目の前のことに追われて翻弄されやすい時だからこそ、「自分は本当はどうありたいのかな?」「自分の根っこにある願いってなんだろう?」と、手を動かしながら考えてみる。




私の産後を振り返ってみると、本当にこういう時間がなかった、持てていなかった。いや、そんなこと思ってもいなかった。。うまくいかない、イライラ、悶々のループにはまっている感じがしてました。どこにも抜けられなくて、また同じところに戻ってくる感じ。
今思えば、「この子がいるから×××」「●●だから×××」「あの人がこう言ってるから×××」ってばっかりだった。
「自分がどうありたいのか?」なんて考えてもいなくて、だから結局いつも同じところに帰ってきてたんだと思う。苦しかった、、、(私の暗黒時代。でもそれがあったから今こんな仕事しているわけですが!暗黒も人生には必要ってことかー)


・・・と、まだ余談に走ってしまいましたが、今日のクラスでもいろいろ興味深い言葉が。

「話したいおもいがたくさん湧いてきた!でもそれをなかなか言葉にできない…」
「一生仕事はしていきたい。と同時に、家族ができて、自分の人生が自分だけのものではなくなって、どうしていくのがいいか、、まだまだ答え出ない」
「パートナーに、ゴミの話から、もっと大きなことまで、いろいろ話したいけれどいったい何から手を付けたらいいか、、パートナーの状況も考えて言えない時も」
「話したら争いになりそうで、でもそれができる気力・体力もなくて、収めちゃう」


実は私も、高校生息子とのコミュニケーションに悩んでいるのですが、まさに↑そういう感じ。><
…で考えてみたのだけど、伝えたいこと、共有したいのにできないでいると、そもそものベースが「我慢」になっているから、ちょっとしたことでも「イラッ」と来ちゃうんですね。(それこそ、ゴミ袋をゴミ箱から取り出して、新しいゴミ袋セットしたところにゴミ捨ててくる、なんてことにとかw)

で、「ちょっとさー、ここに出すゴミ袋あるんだから、こっちに入れてよね!まったく!」なんてついブリブリ言っちゃうわけです。そこでちょうど息子もイライラしている時だったりすると、喧嘩ですわな。。。揚げ足取りになったり、話の軸がそれていったりして、全く噛み合わない感じにますますイラつく!…という悪循環(--;)  

でも、よく考えてみると、、ゴミの捨て方をどうとかする・させることが本来の目的ではないんだよね。家族の一員として、家庭を運営していくことに主体的にコミットしてほしい、という気持ちがあるんですよ。でも、高校生男子なんてこんなものか?という気もするし、いやいやこの先このままでは困る…という焦る気持ちもあったりする。

…あ。そのぐるぐるする気持ちを、夫や息子本人と話題にできていなかったから、もやもや迷ったり混乱しちゃうのかも。。?!(と今書きながらおもった!)
役割分担をきっちり決めて家事をこなすことよりも、「そもそもこうありたいと思っているんだよねー」と話したり、彼が「どうありたい」と思っているのかを聞きたい。で、どこでどう折り合いつけるのかを、“自分で決める”んじゃなくて、一緒に考えてすり合わせたい。と思っている、ってことなんだな。…なるほど!(なんだか一人シェアリングしてる?!^^;)


・・・なんだか今日は余談に走りまくり(!)
私もこんなふうに葛藤してるわけですが、みんなの言葉からいろんな刺激をうけて、生かされてるなぁ!!みなさん、ありがとう!

今日の青空。きれいでしたね!夏ー!


出産したら体と心のリハビリを
産後のボディケア&フィットネス学芸大学教室 
《受付中!》

詳細・お申し込みはこちら

水曜日10:00~12:00(120分×全4回・予約制)
・8月コース:8月5,19,26,9月2日(水)・9月コース:9月9,16,24(木),30日(水)

2015年7月12日日曜日

マドレ事務局合宿2日目

マドレ事務局合宿は2日目。
文武両道!^^なマドレボニータは、事務局スタッフも朝からみっちりカラダを動かします。1時間、かなりみっちりアイソレーションと振付を2エイト分完了まで。汗だくで「風呂上りか!?」ってなくらいまで。踊れる事務局、ってカッコイイよね!?


2限目は「システム思考」を学ぶ。
うう、これ難しい、、><; けれど、これも体を使ったワークのおかげで、基本のひとつを
体感できた。
難しい問題が起こる時、「わ、オラには無理だ~!」とシャッター閉めてしめたくなるけれども、こういう知識や体感があると向きあえる。って、まだ理解するまで及んでいないけれども、このメンバー皆で学べたことが心強い。これはもうちょっと学んで理解したいなぁ~


午後は、今回のメインともいえる研修「事業計画・管理の基礎の基礎」。
事務局長・ちいさんのパートナーでもある大輔さんが講師です。
事業計画や管理について、まったく初めての人でもとーってもよくわかるように工夫されていて、もっと聞きなくなるし、「やってみたい!」という気持ちが勝手に湧いてくる、素晴らしい内容!!なんて贅沢!!また、中期計画作成、予算組みのこのシーズンに、なんてちょうどいいタイミング!!(涙)ありがとう、大輔さん!!

私自身は、右も左もわからないながらもやってきたことを、体系だって理解することができた。(こういう人、NPOには多いんじゃないかな、、)
今回、事業計画や予算組みなどに初めて触れたり、数字は苦手!というメンバーからも、最後には「こんなことやってみたい」と具体的なアクションにつながる声が出ていたことには涙、、。

1日目にも思ったけれど、「本来持っている力」を素直に発揮していけるには、それを阻害している要因を丁寧に取り除いていくことなのだな。

…とはいえ、それがめちゃ複雑で難しいから、個人も社会も問題山積み大渋滞なわけで、それを解決したい!と、さまざまなNPOが活動している。わたしたちもそのひとつ。

それぞれが「本来持っている力を発揮できる」社会をつくりたい。
それを阻害する一つに、「産後」が起点となる様々な問題がある。私たちは、それを解決していくために、「産後は養生ができ、リハビリに取り組める」ことがあたりまえの社会をつくる。
そこにどんな価値があるのか、誰にもわかるように伝えられるようにならなければ。。。


最後の振り返りは、一人ひとりが感じたもの、受け取ったものをシェアしあい、それによってさらに学びが深まる時間。ムネアツで、やっぱり泣いちゃった(笑)
「自分×団体プレゼン」のワークでお互いをより深く知り、ともに体を動かし汗をながし、考え方を学び、より実践的かつ食わず嫌い的だったところにみんなで踏み込むことができて、私たちが目指していることをあらためて深くしっかり腹にすえることができた。意図せず組み込んだプログラムだったけれども、本当に私たちに今必要な場・内容だった。それを引き寄せる力もすごいよね!^^

さて、大事なのはここからだ。
私がやりたいこと・できることも浮かびあがってきた。
これからも道は平坦ではないけれど、問題はいつでもどこでもあらわれるけれども、“そういうもの”だし、できることは必ずある、、、とみんなでわかることができた。
この仲間と一緒なら、きっと乗り越えていける!
マドレボニータが目指す成果を生み出して社会を変えていけるためにも、この仲間たちのためにがんばりたい!