2017年1月11日水曜日

人の手、おもいをつなぐ、産後ケアバトン。

今日から始まった産後ケア教室大井町1月コース。
皆さんに心配していただいていた双子たちと母、無事にご参加いただけました!

送り迎え(のみ)を担当してくださったのは、昨年6月コース卒業生・のりさん。もうすぐ1歳になるお子さんを抱っこしながら、電車でお迎えに行き、大井町まで戻ってきてくれました!
帰りも、ランチ後にまた合流して帰宅をサポート。忘れてしまったミルクのお湯も、ご自宅に戻って作って持ってきてくださり…至れり尽くせりで感涙。


教室受講には先月もサポートしてくださったハナさんが! 
「8年前に「産後白書」を作った人ですよ!!」ってみんなに大宣伝^^。
今回もやっぱり「ずっと抱っこ」でがっつりエクササイズしてくださいました☆

ハナさんが、
「双子母の友達がいたけれど、“大変だよね~”ってなんとなく思っていただけで、具体的に何がどうなのかわかってなかった。先月サポートしてみて、双子っていうだけで、お出かけ自体がハードル高いってことがわかった!」
と話してくれました。

赤ちゃんを連れて電車に乗るのも、慣れないとドキドキするもの。
それが二人になったら「同時に泣いたらどうしよう」って思ってしまう。
赤ちゃん連れの集まりにもなかなか行けない。
必要なのは「人の手」なんですよね。

サポートした経験があると、「ここ、手がほしいとこだよね」ってところが見えてくる。そういう経験をさせてもらえることはとっても嬉しいことだなぁと思っています。

だから、「迷惑かけないように…」って思わないでほしい。
手を貸してもらって助かったことがあったら、またいつかどこかで、次の人に手を貸してもらえたら。

そんなおもいからこの制度には「産後ケアバトン」という名がついています。

▼産後ケア教室・学芸大学/大井町のご案内
http://yokotakahashi.strikingly.com/
2、3月コース受付中!


2017年1月10日火曜日

遊び

年明けから快晴の日が多くて、青空が美しい。(夜は月も美しい!)
あたたかいし、本当に東京は冬が楽だなぁ。(夏はつらいけど;)


正月休み中に、昨年のことをちょっと振り返ってみました。実はこういうの苦手で;あんまりやっていなかったのですが、ばくーっとでも出来事やその時期の印象を並べてみると、いろいろ見えてきて、秋からは結構きゅうきゅうとしていたなぁと気づく。

ちょうどこの頃、友人たちが出産したり、ちょっとヘルプを要していたりして、本当はしょっちゅう駆けつけたいと思っていたのだけれど、なかなかそれができずにいました。
仕事が立て込んでいたのもあるけれど、気持ち的に「動けない」というのが結構あった。

自分の中に余力がないことに、自分でも気づいていなくて、自分を回していくのに精いっぱいになっていたのだとおもう。

こどもにかかる手がかなりなくなったから、小さい子のいるうちの夕方時間とか、産褥期とか、行かせてもらいたいなーとおもっているのです。それは私が楽しい・嬉しいということとして。

でも、「私は、ほかの人に比べて手がかかる人いないから、行ける」「いや、行かないと…」という感じになり、そして実際には「行けない」ということに、「これじゃだめじゃん;」となり、行かねば、行けない、ダメじゃん、、ループで、ますますきゅうきゅうしてくる、、という状態になっていた。

動けるためには、もう少し自分の中にスペースが必要。。。


…というわけで、今年は「遊び」をテーマとすることに。

遊ぶ。遊びを持つ。



なんだか、「今年の一文字」って真面目なやつのを選ぶのもイヤになっちゃって(爆)
去年のもすっかり忘れてたら、このブログに書いてあった(笑)はははは



2017年1月9日月曜日

すがすがしい

このところ、軽いジョギングをしながら、神頼みしたり(笑)、樹々を見上げたり、土を踏みしめたりしています。

ここちよい。年末年始はPCもあけず、古い家で家事かたっぷり睡眠とっていたおかげか体調も良くて体はわりとスムーズに動いてる。去年の後半は結構つかれていたことに自分でも気づいていなかったのだな、と反省中。





朝日

2017年の朝日。


なんと、ブログがほぼ1年開店休業でした。
(いや、実はもっと長いだろうと思っていたのだけれどw)

肩ひじ張らずに時々綴れたらなぁ、と思うのは、、毎年1月だけなのか?!

2016年1月13日水曜日

自分に向き合おうとする人の美しさ~大井町教室1月2週目

産後ケア教室@大井町1月コースが始まっています。今日は2週目。

「先週のレッスン翌日から腹筋の中のほうが筋肉痛だった!」
「人に会いたくなって同僚と会おうと連絡取った!」
「終わってからみんなでランチも行きましたよ!」
…などなど、いろんな声が聞けて嬉しいです。

前半の有酸素運動は「思ってたよりハード」「だけど楽しくて気持ちいい!」とのこと☆
みんな、先週よりぐっと弾みが大きくなって、内転筋もしっかり使えて来たので、ちょっと負荷の高い動きも加えて。
そして、1月コースのみんなのすごいところは、発声腹筋の声が大きいこと!(笑)ほんとに素晴らしいー!!声まで使って全身くまなく動かして、汗たっぷりかいたあとのリラックスは本当に気持ち良さそうでしたっ。

後半のワークでは、これまたその辺の赤ちゃん連れで集う場では出てこない話がいろいろ出てきて、本当に興味深い。
共感したり、逆に「違い」に新たな気づきを得たり。
同じ「赤ちゃん連れのママ」だけれど、
みんな違う背景を持ち、それぞれに希望があり、葛藤がある。
誰かのマネや比較じゃなく、
「自分はどうありたいんだろう?」「どうしたいんだろう?」と、
言葉を紡ぎながら、聴きながら、また掘り下げていく。
そういう時間を、赤ちゃんを抱っこしながらも、もつ。
…それは、なんというか私にとっては今でも衝撃的な心揺さぶられる姿なのです。
みんなとても美しいです。

今日は、先月途中からお子さんが入院してしまったSちゃんも元気たっぷりの赤ちゃんと一緒に復活!嬉しい~!

*********
産後のボディケア&フィットネス教室
★学芸大学:3月コース受付中!
★大井町 :3月コースは2/5から受付開始!

http://yokotakahashi.strikingly.com/

マドレ城南エクササイズ講座@学芸大学
★1/29(金)受付中!
 ボールエクササイズ10:00~
 ウォーキング11:00~
http://jonan-ex.strikingly.com/

2016年1月5日火曜日

【ご感想】~産前産後に「あらゆるトラブルをフルコースで経験」からの…

学芸大学12月コースに、「産後ケアバトン制度」を利用してご参加くださった、
Mさんから、メッセージをいただきました!

妊娠中に5ヶ月間も入院することになり、ベッドに寝たきりだったというMさん。
産後も「子連れ外出するのが怖くて」、なかなか参加できなかったところを、
勇気を出して参加されたのでした。

写真を見ただけでは
「楽しそうなママとベビー☆」で、そんな背景があったとはとても思えないですよね。みんなで一緒に体を動かし、ともに汗をかき、ともに思いを言葉にしてゆく時間を過ごしたからこその、この笑顔なんです。
Mさんからのメッセージ、ご了解を得て紹介させていただきます。

****


学芸大学12月コースでは大変お世話になり、ありがとうございました!!

マドレのことは友人から勧められていたのですが、
若干の産後うつ?もありつつ、子連れ外出するのが怖くて
親子一緒に参加できるギリギリの日にちになってやっと申し込みをしたのでした。

それでも通うのにまだ不安があったのですが、
皆さんと体を動かしたり、お話をすることでスッカリと不安要素は無くなり
毎週木曜日が楽しみになりました。
それに、先生がみんなでランチに行く事を勧めて下さって、
そこでも打ち解けることが出来たのも大きいと思います。

私は切迫早産で5カ月の入院生活を送り、
やっと正産期を迎えられたと思ったら胎盤早期剥離で緊急帝王切開
子供が重症新生児仮死で生まれてきてNICUに入院と、
ありとあらゆるトラブルをフルコースで経験してしまいました(^_^;)

産後は泣いたり、夫とかなり壮絶なバトルを繰り広げたりしていましたが、
この前ふと夜中に自分から手を繋いでみたら、
夫の態度がその日から違ってきた気がします。
それも、マドレで夫との向き合い方について話し合った効果かなぁなんて思っています。

そして、産後ケアバトンで参加させて頂いたので、
今度は私がバトンに貢献出来たらと思います!

(Y.M.さん/学芸大学教室12月コース)

****


「産後ケアバトン制度」とは、
社会的に孤立しがちな環境にある母たちが「心身の健康」と「仲間」を得るためのサポートとして、「産後のボディケア&フィットネス教室」の受講費補助や受講介助ボランティア提供をする制度です。

対象となるかたはこちらです。
・多胎児の母
・ひとり親
・障がいのある児の母
・出生〜生後180日の間に連続21日以上、入院中または入院した児の母
・妊娠22週以降に連続45日以上、入院した母
・10代の母
・早産児・低出生体重児の母
・東日本大震災で被災し、避難中の母
詳細はこちらへ⇒ http://www.madrebonita.com/wordpress/?page_id=7544


「自分は該当するかも?」「あの人該当するんじゃないかな?」
そんなときは、ぜひ気軽にお声掛けくださいね。

(マドレボニータ事務局でも、インストラクターでも!)

ーーー
<ただいま受付中!>http://yokotakahashi.strikingly.com/
★学芸大学教室(目黒区)

1月コース:1/7,14,21,28(木)10:00~12:00 ※直前まで受付中!2月はお休みです。
3月コース:3/
3,10,17,24(木)10:00~12:00

★大井町教室(品川区)
2月コース:2/3,10,17,24(水)
10:00~12:00
※3月コースは2/5より受付開始です



2016年1月3日日曜日

2016年になりましたっ~振り返りと希望と~

2016年になってしまいました…!!あけましておめでとうございます。
ふと気づけばブログ更新が途切れたままに新年がっ(汗;)…というわけでして、ここで気持ちも新たに投稿したいとおもいます。

この年末年始は、勉学に励む!?受験生息子と二人東京にて静かに過ごしています。おかげで「ときめき片付け」したり、大掃除もじっくりできました。

マドレボニータのキャンペーンでときめき片付け DE キフをやっているのもありますが、マコさん&りえぞうさんに、こんまりさんの本のことや片付けの話を聞いていたら、居てもたってもいられなくなり、そのまま帰りに本を購入して一気に読んでしまいました^^。
いやー;読んで良かったです!なんとなく聞きかじっているだけでは分からないものが、そこにはありました。。。
おかげで、寄付用に送る本が4箱、処分するものもまとめられて、スッキリ!!

片付けてみて気づいたのは、「持っていることで安心」していた気持ちでした。持ってはいても、活用はしていないんですよね。でも、持っている、ということで安心していた。(満足じゃなく)


あることすら忘れて、しまいこんでいたその本を手にしてみて、もうそんな気負う必要ないし、このまんまで、身一つでいいじゃないか、と思えました。
物を持つ、というのは、気づかぬうちにいろんなものを背負い込んでいくことでもあるのかもしれないですね。とはいえ、まだまだたくさんモノも執着もある段階ですが、そのパンドラの匣をちょっと開けちゃったよ!って感じ^^
これから少しずつ他のものにも手をつけて、片をつけて、身軽になっていきたいと思います。

そんなお片づけをしながら、2015年を振り返ると、、、
この一年は…自分でもよく頑張ったなぁとおもいます。マドレボニータでは、理事という役名がありつつもこれまでは本当に名ばかりだったのですが、ちゃんと名実ともにしたいと腹をきめたら、そこからさまざまな研修に取り組む機会を得ました。
そして、自分にはとても無理だわ~と思っていたことに取り組むことになり、泣きそうになったり、自分でも驚きの連続でもあったのだけれど、素晴らしい師と仲間たちに引っ張っていただいたおかげで、何とか挫折せずにこれたことは、本当に感謝してもしきれないくらいです。
一人ではとてもとてもできないことでした。たくさんのひとたちに、支えられて、刺激をうけて、尻たたいてもらって(!)引っ張ってもらって、やっと動き、足を進めることができました。

産後ケア教室で出会う方たちにも、本当に本当に力をいただいています。
ひと月、たった4回だけのおつきあいだけれど、そのなかでどんどん変化していく姿や、おもいや言葉がその人の中で耕されていく様子には、見ていて毎回ハッとさせられたり、ぎゅっと胸をつかまれたり、背を押されるような気もちになります。

「子育てが一段落したら」とよく言いますが、それっていったいいつなの~??!!と言いたい(言ってるw)産後17年の私。抱っこやおんぶや寝かしつけこそないものの、手を変え品を変えて難題は降り注いでいます。そこで感じるのは、やはり、何より「体力」。そして「仲間の存在」です。
これ、「産後」と何ら変わりません。
マドレの産後ケアプログラムは、産後だけのものではなく、人生ずーっと必要だな!とつくづく思いますし、そこに自分がずっと関われていることで救われているし、教室で真摯に取り組むみんなの姿に、私も頑張ろう!とものすごく励まされています。

あと5年もしたら、うちの子どもたちはみんな巣立ってゆくだろうし、そしたら恩返し…いや恩送りをしていきたいなぁ、と思うようになりました。

そんなベースにあるのが、親子の広場「ニッコリータ」の活動です。
不特定多数の人が来訪する広場なんて、私たちにできるの!?と不安を抱えて始動してから、早10年。…よく続きました!! 巣立っていく子どもたち、スタッフを卒業していくメンバーもいて、また新たに仲間入りする人たちもやってきて。みそっかすだった子がすっかりお兄さんお姉さんになって…。そんな姿を見れることはとても幸せです。
そして、ちいさな人の世界にふれていられる、というのは、実はとても素晴らしいことだよね!?と殊に昨今おもっています。
我が子が大きくなってくると、だんだん離れてしまう、忘れてしまうものがあります。それは事実。でもその世界は、そこらじゅうにあるのです。自分の子だけじゃない。
それを知ることができたのは、本当に幸せなことだったなぁと思うのです。
そしてプライベートでは、
34年ぶりに小学校の同級生たちに再会する!というびっくりな出来事が^^
「ひとは基本的に変わらないのだなぁ!」ということを強く(!)実感した衝撃の時でもありました(笑)でも、みんなのことは「全然変わらない~!」っておもうのだけど、じゃあ自分はどういうひとなのか?はよくわからない、、というのが何とも変な気持ち!><。


2015年は「今年の一文字」を「晴」にしました。
青く澄み切った晴れた空やあたたかな陽ざしを、苦しい時にこそ思い出して、広く心地よい青空のような心境でいたい!と、青空写真とセットで。
文字だけだとどうも頭でっかちになりがちだったのですが、このビジュアルをいつも見えるところに置いていたのが、自分的にはとても良かった!!
そして、このイメージはずっとベースに持っていたいなぁとおもいます。

そして、2016年は、
仕事も、日々の生活も、自分の心身も、もう少し丁寧にしていきたい…と思い、「寧」という字が浮かびました。
マメさのない私にとっては、ほんとに足りないところでもあるので、戒め的!?でもありますが(汗)、いやいやいや、縛られるのではなく、楽しみつつ、丁寧さと仲良くなっていきたいなぁ、と願っているところです。
これも文字だけだと形骸化しかねないので(^^;)、ビジュアルを・・・何がよいかなぁ?と探しつつ、自分にとって丁寧であることってなんだろう?そんなことを掘り下げる一年にしていけたら良さそうですね。


あ、ブログもほったらかしにならないよう、手を入れていきたいですっっ
******
▼産後のボディケア&フィットネス教室
学芸大学:1月コース受付中!1/7,14,21,28(木)※2月コースは休講です
大井町 :2月コース1/5より受付開始です!